多読のススメ。レバレッジ・リーディングを読んだ感想

レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディング本田 直之

東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 602


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ツイッターを見てると、本を読む人は結構多いみたいです。
ただ、仕事とかしてると読書にかける時間って、随分少ないものになってしまいますよね。

そこで、どのようにして短時間で本を読んでいくかという事を説いているのが、こちらの本です。
ただ、この本で説かれている読み方はあくまでビジネス書を読むことを前提にしているので、
小説などがメインの方にはこのメソッドはやや抵抗感を覚えるかもしれません。

本を読む目的

『山を登る時 ルートもわからん! 頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!』
確実! そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!
(by ジョセフ・ジョースター)

と、ジョセフお爺さんの言う通り、まず目的を決めます。
ここでいう目的とは、本を読む目的ではなくて、
この本を読むことで何の知識を得ようと考えているのか?という事です。
これを決めておくことが、このレバレッジリーディングの肝です。

読み方

次に読み方ですが、上記の目的がしっかりしてる事が前提です。
それを踏まえておくと、読むべき箇所とそうでない箇所を判断することで、
読まないでいい箇所を流し、読むべき箇所をしっかり読む。
という読み方が出来るのだそうです。

多分、これはカラーバス効果を利用したものだと思います。
予め、取得したい情報を意識する事でその情報に目が行く状態を作っていく。
あとは、時間制限を設けることだそうです。
著者は一冊を1~2時間程度で読むことを目標にして読み込んでいくみたいです。

読んだ内容をまとめる

最後に、本を読んで気になった箇所に、線等を引きながら読んでいくわけですが。
その線を引いた箇所の内容を別紙にまとめます。
最後は、それを身につくまで読み返す。
こうする事で、欲しい知識を自分の中に取り込んでいく、と著者は説いています。

まとめ
読んだ感想としては、レポート等の参考文献を読むやり方に非常に似てるなと思いました。
要は、自分にとって必要な情報を参照するために本を読んで、必要な箇所だけを抜き取っていく。
ただ、参考文献は引いて終わりですけど、最後のまとめて身につけるステップが無いので、
その視点が抜けていたな。という新しい発見がありました。

この本の読み方は、ビジネスだけではなく何かを勉強する際にも役立つと思うので、
手に取ってみて損はない一冊だと思います。

ではでは~

Trackbacks


Use trackback on this entry.

まとめtyaiました【多読のススメ。レバレッジ・リーディングを読んだ感想】

レバレッジ・リーディング本田 直之 東洋経済新報社 2006-12-01売り上げランキング : 602Amazonで詳しく見る by G-Toolsツイッターを見てると、本を読む人は結構多いみたいです。ただ、仕事と

Post a comment

Private comment

Profile

すいぼつ

Author:すいぼつ
関西まだおです。
本が好きなので、レビューとか考察メインになると思います。
性とか心理の話が多いかと。
時々、料理とかの写真乗っけたり、アニメや同人を語るかも。
よろしくです~>_(:3」∠)_


Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
access counter
online counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

twitter
book log