買い物で余計な物を買ってしまわないようにする5つのコツ

medium_3300238326.jpg

photo credit: Sudhamshu via photo pin cc

買い物に行くと、予定外のものをついつい買いすぎてしまう事がありますよね?
もちろん、筆者の私もその中の一人ですw
この記事では、避けない買い物を避けるための5つのコツについて説明してくれています。


1.バスケットやカートを持たない事
バスケットを持つと、そうでない人よりも余計な物を買ってしまいます。

2.長居しない
どのくらいの時間を買い物に使うかは、あなたがいくらのものを買うかを決定する際における最も重要な要素の1つです。

3.もしあなたが女性なら、男性に同伴して買い物をしましょう
女性は一人か他の女性、もしくは子どもと一緒に買い物をするよりも、男性と一緒に買物するほうが買い物にかける時間が少なくなります。

4.触ったり、味見をしたりしない
衝動的な買い物の多くは、触覚による経験により誘発されます。

5.レジの側では警戒すること
衝動的な購入物の多くはあなたを誘惑するためにそこにある。


簡単に守れそうなコツばかりですね。
結論として、必要なもの以外には目をくれない、それと試食や試飲などをしない。ということですね。

特に試飲や試食なんかは、ついつい試食したから買わないといけないという強迫観念に狩られることが多いので、注意が必要ですね。
まぁ、あまりガチガチに余計なものを買わないという態度は、個人的にはあまり推奨出来したくないので(余計な物を買う事が、買い物の楽しみなので)、出かける前に今日は余計なものを買っていい日とかを決めておけば良いのでは無いでしょうか。

楽しむ時は、思いっきり楽しみたいですもんね!
ではでは〜。

原文はこちらになります。
5 Tips for Resisting Impulse Shopping

プレゼンテーションにおける恐怖を克服できる練習法

medium_297634534.jpg

photo credit: Ezu via photo pin cc


The Fear of Public Speakingという記事があったので、感想を書いてみました。

内容は、大勢の前で発表や発言をする際に起きる恐怖感をどのようにして、緩和するか?というお話です。



Giving a presentation to a room-full of people or just voicing your opinion in a meeting can be a nerve-wracking experience.
大勢の前で発表をする、もしくは自分の意見を発言する事は胃がキリキリするような出来事ですよね。
確かに、大勢の前で発表したり、意見を発言する際はかなり緊張しますよね。
この記事では、緊張する原因が以下の要因から来ていると書いています。


Yet it’s not simply the act of giving a speech or doing math that induces the stress, the Trier Social Stress Test is so stressful because it includes elements of social evaluation. When people are judging you, and how you perform, you are almost guaranteed to have a stress reaction. Judgmentalism is a mainstay of most public speaking conditions; people are afraid of being evaluated and looking like a fool.
単純なスピーチをしたり計算をする等のストレス負荷ではなく、Trier Social Stress Test ではかなりストレス負荷が認められた。何故なら、そこには社会的評価の要素が含まれるからである。人々が貴方を判定する、もしくは貴方がパフォーマンスする際には、貴方はストレス反応を示しているに間違いない。判定主義は公共スピーチにおける最たるものである。よって人々は評価され、愚かに見られる事を恐れるのである。
面接などでもそうですが、社会的価値を評価されるシーンではいつも緊張を強いられますねw
しかし、場慣れした所で緊張する事は中々避けがたい所・・・。
この記事では、以下の様な方法のトレーニングを推奨しています。


For instance, if you spent time each week making a fool out of yourself, perhaps by taking an acting class or doing improvisation or just giving toasts with your friends or colleagues, this experience can help to you alleviate your fear of speaking out loud. When you know what the worst thing that can happen is, and you have experienced it already, you’re less likely to stress about it.
もし毎週馬鹿げた事をする時間があるのなら、例えるなら、友人や同僚とする演劇クラス、アドリブ、乾杯の音頭等々。この経験は、大声で話す恐怖を和らげてくれるでしょう。最悪の出来事が怒ったときでも、それを既に経験しているならば、それについて感じるストレスを軽減できます。
なるほど。
確かに、アドリブや即興など考える時間がなく、かつ緊張する訓練を日頃からしておけば、いざという時にある程度自信を持って対応できそうですね。
もし、緊張しやすいというのであれば、是非試してみたい所ですね〜。

詳細は原文にて確認下さい。
原文はこちらです。
http://www.psychologytoday.com/blog/choke/201204/the-fear-public-speaking
Profile

すいぼつ

Author:すいぼつ
関西まだおです。
本が好きなので、レビューとか考察メインになると思います。
性とか心理の話が多いかと。
時々、料理とかの写真乗っけたり、アニメや同人を語るかも。
よろしくです~>_(:3」∠)_


Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
access counter
online counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

twitter
book log